© 2018 by Kurotama Kikaku

 

Creative Team​ TOKIJIRO 2019

Jun kim

Artistic Director

NYを拠点に俳優、演出家としてInternationalに活動。代表出演舞台に、ソニー創設を題材にしたドキュメンタリーメディア作品「HEAVENLY BENTO」で盛田昭夫氏を初演からベルリン、ボン、シンガポール、NY、東京で主演。ジム・シンプソンとシガニー・ウィーバー率いる劇団バットシアターカンパニーのオビー賞受賞作品歌舞伎プレイ「BENTEN KOZO」主演。クルト・ヴァイル作曲の音楽劇「Marie Galante」、平成中村座NY公演「夏祭り」「法界坊」(串田和美演出)、 島田雅彦作「ルナ輪廻転生の物語」、ヘンデルの「メサイヤ」NY、オランダ公演など。映画/テレビでは木の実ナナ主演ドラマ「万引きGメン二階堂雪」、 ジェシー・アイゼンバーグ主演映画「The Living Wake」、村上春樹の小説「アフターダーク」をベースにした映画「416 MINUTES 」(WaxFactory)、「The Hanji Box」(Director Nora Jacobson、「The Apologizers」(Director Yasu Suzuki) などに出演。

演出家として2005年に安部公房作「制服」のステージリーディング、2008年「Kayoko Sakoh Dance」日本公演、2011年にはNY版「沓掛時次郎」を脚色、演出、出演、プロデュース。NHK大河ドラマ「篤姫」「江~姫たちの戦国~」等の作曲家、吉俣良氏とのコラボレーションでNYの劇評家達から絶賛される。2012年、NYの演劇人による東日本大震災復興支援プロジェクト「SHINSAI Theaters for Japan」に参加、演出、出演。2013年よりwork-in-progressiveプロジェクト安部公房作「The Uniform」世界初翻訳の企画・演出・主演・企画進行中。またピーター・ブルックの愛弟子で、パリ在住のヨシ笈田演出のオペラ「Curlew River」NY公演で笈田氏のアシスタントを務める。2016年、2017年、NYのJudson Churchでアルゼンチンタンゴのイベントを企画、演出、プロデュース。

https://junkimjun.wixsite.com/junkim